yz Project  ワイズプロジェクト

【今週の英単語フラッシュカード】

Speaking2は、Hintを読みながら聴いて答える練習をします。TOEFL ibtのSpeakingは、何パターンか出題形式があり、文章を読んだ後に自分の考え方を理由を付けて述べる練習をします。15秒から30秒で返答する準備をし、45秒から60秒間で録音するにはPCの操作とヒントに合わせた返答の練習をする必要があると思いストップウォッチを付けました。パラグラフを音声化し、リスニングの練習も兼ねられるようにしましたが、本来1から2回だけしか聞くことができないのでPCの操作に慣れることと、時間以内に正解に近い返答をするトレーニングにご利用ください。

≪This week’s Flash card≫
These words quotes from “Speaking2” in “Practice” section of Media Language Laboratory Facebook app
(https://apps.facebook.com/LanguageLearner).
今週のフラッシュカードは、Media Language Laboratory Facebook app (https://apps.facebook.com/LanguageLearner)
“Practice”-“Speaking2″からピックアップしたものです。

 

【Facebook ページとFacebook Ads 広告】

Facebookページは、企業がブランディングに利用しているので発信している内容で事業内容や雰囲気が分かります。商品内容やサービスのブランディングを言葉で伝えることが難しい場合、動画、画像をシェアすることで伝わりやすくなるようです。シェアによってFacebookページやサイトへの誘導になり、『既読』という読者数も分かります。『ターゲット層が反応しています』という『お知らせ』で広告を入れるタイミングを自動で知らせるので、広告費も無駄なく使えます。マーケティングの知識がなくとも、自分が集客したい情報だけをピックアップできるので一押しの集客機能です。お茶道具の商品販売オークションで早速利用してみましたので、画像をご覧ください。
※ちなみに、Teatime Japan―ティータイム・ジャパンFacebookページファンのグループでは、実際にお茶道具を販売しておりますのでよろしくお願いします。

Leave a Reply

Share this!

申し込みからコンサルティング・公開講習受講までの流れ 01/02/2018 ver.

2019年度講習リーフレット

y’z Journal YouTube Channel

ネットミーティングアプリについて

【ネットミーティングの変更】
G+ハングアウトを使用した講習が中心でしたが、Skype,Zoomも導入したコンサルティングに変更しました。使用方法に関するお問い合わせは、右のカラムの

[Google+Hangouts]-[ハングアウトを開始]

から可。
*SkypeとZoomのチュートリアルも制作予定。

Instagram

Instagram

LinkedIn y’z Portfolio Profile(05/05/2018 Update)

Net Owl

Copyright © yz Project  ワイズプロジェクト. All rights reserved.